地球微生物学研究グループ

グループ概要

地球微生物学研究グループは、海底下深部の地層や岩石に生息する微生物に関する研究を行っています。地球深部探査船「ちきゅう」などの科学海洋掘削によって、地球に残された最後の生命圏フロンティアと呼ばれる「海底下生命圏」のコアサンプルを採取し、極限的な地下環境に生息する微生物の解明に挑みます。具体的には、海底下生命圏の限界と空間規模、海底下深部に生息する生命の代謝機能や生命進化、地球規模の元素循環や地質・古環境変動と海底下深部の生命活動との関わりなど、地球と生命の共進化原理や生態系機能の謎に迫ります。特に、世界最高精度を誇る地質試料からの細胞検出・定量技術や、単一細胞からコミュニティレベルのゲノム・元素分析、海底下生命圏のメタゲノム解析など、独自の技術開発や科学的視点による最先端の地球科学・生命科学融合研究を目指しています。




ミッション

  1. 海底下深部生命圏の量と限界の理解。
  2. 海底下深部生命圏における炭素をはじめとした元素の消長の解明。
  3. 海底下生命の進化プロセスと起源の解明。
  4. 地質学的試料中の性状未知生命およびその痕跡を検出する手法の開発。


グループメンバー


石川 剛志 グループリーダー【兼務】
上席技術研究員

諸野 祐樹 主任研究員

星野 辰彦 主任研究員

井尻 暁 主任研究員

石井 俊一 研究員

鈴木 志野 研究員

浦本 豪一郎 客員研究員