トップページ > JAMSTECニュース > 「新型海中探査機」名称募集!! > 「新型海中探査機」名称決定!

「新型海中探査機」名称決定!

JAMSTECは、海底下および海底面の探査に活用できる新しいタイプの無人探査機を研究開発しています。
2011年9月〜11月にかけて、この新型無人探査機(海中探査機)の機体名称を広く募集し、皆さまからたくさんの名称をご応募いただきました。
このたび、新型探査機の名称が決定しましたので、ここにお知らせします。(

1.決定した機体名称

「ゆめいるか」(英文表記の場合は「YUMEIRUKA」)

2.選考理由

「ゆめいるか」は、夢を拓き、イルカのように海を泳ぐ姿を連想させるものであり、日本の海洋研究開発の新しい時代を切り拓いていく新型AUVにふさわしい名称と考えられます。
選考の詳細は、プレスリリースをご参照ください。

3.応募状況

(1)募集期間
平成23年9月15日(木)〜平成23年11月30日(水)

(2)応募件数
1,173件(809種類)

4.命名者

飯森 颯 さん(東京都在住・高校生・男性)
(本名称の提案者は1名でした)

提案者からのコメント
「この新しい探査機が海の中の多くの謎を解き明かしていく日本の海洋調査のリーダーになってくれる事を願っています。」

命名者には、記念品を贈呈します。また、今後予定しているお披露目式(命名式)にご招待いたします。

5.その他

「新型海中探査機」名称募集キャンペーンのJAMSTECオリジナルグッズプレゼントに当選された方には、メールで当選のお知らせをお送りいたしました。

6.お問い合わせ先

独立行政法人海洋研究開発機構 事業推進部広報課
E-mail: www-admin@jamstec.go.jp
電話:046-867-9070  FAX:046-867-9055

※新型海中探査機の機体名称は、ホームページにて2011年12月頃に決定・発表予定と告知しておりましたが、候補名称の商標権の確認等に時間を要したため、発表が遅れました。
ご応募いただいたみなさまには、大変お待たせしてしまいましたこと、お詫び申し上げます。

詳細

機体名称を一般公募した新型探査機

深度新型探査機の諸元・特徴など
潜航可能深度 3000メートル(富士山7合目〜8合目ぐらいに相当する深さまで)
速度 巡航速度:2〜3ノット(大人が歩く速さくらい)
長さ 5メートル(シロイルカくらい)
種類 巡航型(深海の長距離ランナー)
特徴 ・海底面と海底下の探査
(音波で海底地形を調べたり、海底下を探査する)
・航行自由度が高い
(方向転換が自由なので急な坂も越えることができる)

新型探査機による探査のイメージ

  • あらかじめ指示された情報にもとづき、図のように海底付近をジグザグに走行し、海底の様子を調べます。デコボコのある海底面でも、自ら考えて走行することが できます。

  • 船首と船尾に取りつけられた合計8枚の羽根により、姿勢を自由に変えながら自在に走行することもできます。
  • 図のように機体から下に向け音波を出し、海底面や海底下の様子を調べます。
  • 本探査機により得られたデータをもとに、他の探査機等でより詳細なデータを取得します。

▲ページトップへ