JAMSTEC > 戦略的イノベーション創造プログラム 革新的深海資源調査技術

研究開発の概要

深海資源調査技術・回収技術の確立し、それらの実証を通じて産業化モデルを構築する

 日本は、四方を海に囲まれ、排他的経済水域(EEZ)を含めると世界第6位の海域を有する海洋国家です。海岸から沖合に向けて急峻で深い海が広がっており、そこには、経済社会の持続的な発展に不可欠な海洋鉱物資源の高いポテンシャルが推定されています。

 本課題では、これら深海底の資源のうち、有望と目されるもののまだ世界的にも未着手となっている、レアアース泥を含む海洋鉱物資源等を対象とした技術開発を行います。具体的には、未だ解明できていない南鳥島海域のレアアース泥の概略資源量評価に必要な調査を行うとともに、資源量調査で明らかになったレアアース泥濃集帯に対し、深海底から船上にレアアース濃集部分を揚泥する技術開発を行います。今後のレアアース泥の広域調査等を実現するために必要となる、深海域において効率的に稼動可能とするAUV複数機同時運用システムを構築し、将来の深海鉱物資源開発に必要となる技術を確立するべく、挑戦的な研究開発を進めます。

 本課題では、深海資源の調査能力を飛躍的に高め、水深6,000m以浅の海域の調査を可能とする世界最先端調査システムの開発を行います。また、民間への技術移転を行うとともに、これまでの技術では不可能だった深海鉱物資源の採泥・揚泥を可能とする技術を世界に先駆けて確立することを目指しています。

革新的深海資源調査技術:フル動画
革新的深海資源調査技術:ダイジェスト動画

研究開発計画