JAMSTEC > むつ研究所 > むつ研究所について

むつ研究所

むつ研究所について

地球温暖化などの地球環境の変動における海洋の役割を明らかにするためには、海洋における炭素の循環過程や大気・海水・海氷の構造並びに変動を解明することが必要です。このような現象は、とりわけ北西太平洋やオホーツク海及び北極海において顕著ですが、荒波や低温など過酷な海象の出現する海域でもあります。
国立研究開発法人海洋研究開発機構(当時:海洋科学技術センター)は、このような過酷な海象下でも安全かつ高精度の観測を可能とする世界最大級の海洋地球研究船「みらい」の母港として、平成7年10月に青森県むつ市関根浜地区に「むつ事務所」を開設しました。さらに平成12年10月には改組して、「むつ研究所」が発足しました。また、平成16年4月に海洋科学技術センターが独立行政法人化し、海洋研究開発機構が発足しました。

組織図

横須賀本部--むつ研究所

所長

  • 研究グループ
    • 陸域周辺海域海洋環境変動研究
  • 研究推進グループ
    • 研究グループの庶務及び研究推進に関する業務
  • 管理課
    • 庶務に関する業務
    • 海洋地球研究船「みらい」等の運航に係わる関係機関との調整業務
    • 施設・設備の保守及び管理に関する業務
    • 安全管理及び防災等に関する業務