「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。「ちきゅう」は、国際深海科学掘削計画(IODP)の主力船として地球探査を行っています。

地球が水と生命に恵まれたオアシスであることを我々は既に知っています。しかし、過去46億年の地球の歴史で繰り返されてきた、隕石衝突、地震、火山噴火、津波、異常気候の発生は、地球上の生命に多大な影響を及ぼしてきました。

過去の気候変動、生物の活動、地殻変動の経緯を如実に物語る痕跡を地球はその内部に記憶しています。「ちきゅう」は、巨大地震発生のしくみ、地球規模の環境変動、地球内部エネルギーに支えられた地下生命圏、新しい海底資源の解明など、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています。

「ちきゅう」の挑戦

巨大地震発生の謎を解く

安全に暮らせる社会をつくる

巨大地震発生の謎を解く

「ちきゅう」は科学史上初めて巨大地震の震源まで掘削し、そこを直接観測し、地震がなぜ発生するのか、そのメカニズムを解明します。また、掘削した孔(あな)には観測装置を設置し、地震発生と同時に、その情報を陸上へすばやく伝えるシステムを目指しています。

私たちはどこから来たのか?

まだ誰もしらない生命誕生の謎に迫る

まだ誰もしらない生命誕生の謎に迫る

高温・高圧・無酸素の原始地球で、最初の命が誕生しました。今の地球でも、地下奥深くには原始地球に類似した環境が残っています。「ちきゅう」は海底を掘り、原始的な地下生命を探索し生命誕生の謎に迫ります。

人類未踏の地球深部マントルへの到達

人類未踏の地球深部マントルへの到達

かけがえのない地球をもっとよく知るために

「ちきゅう」は、世界で初めて、海底下から7,000メートルを掘りぬいてマントルへと到達できます。大陸の移動、大規模な火山活動、地球は誕生以来その姿を変え続けています。その原動力は固体でありながら流動する不思議な物質「マントル」だと言われています。地球の中で起こっていることが地上にどう影響するのか調べます。

マントルとは?

固体地球を構成する大きな成層構造の内、深さ約2,900kmまでの岩石で、地球全体の80%を占めます。マントル内部で発生する巨大な流れが地球環境変動に重要な役割を果たしていると考えられていますが、人類はまだマントルそのものを直接手にしたことはありません。

地球の過去から未来をみつめる

地球の過去から未来をみつめる

「ちきゅう」によって掘削された地質試料は、過去の地球規模の環境変動を記録している貴重なレコーダーです。克明な記録を分析することで、地球環境の変動のしくみを理解し、私たちの地球が将来どうなっていくのか知ることができます。