JAMSTEC

地球深部探査センター CDEX

menu
HOME > 技術開発 > 超大深度掘削システム > 高強度・高性能ドリルパイプ

高強度・高性能ドリルパイプ

水深4,000 mを超える海底から7,000 m掘削してマントル上部に到達するには、船から11,000 m以上(12,000 m級)の長さのドリルパイプを吊り下げることが必要となります。このような場合、ドリルパイプ自体の重量による張力増加や船の上下揺れにともなう変動張力によって作用する荷重が、ドリルパイプ本体や継ぎ手の許容値を超えないことが必須となります。さらに、長時間に及ぶ掘削作業において疲労破壊しないことも重要となります。

超大深度掘削を実現するために、12,000 m級の高強度・高性能ドリルパイプの開発、および情報を活用した掘削作業支援システムなど、ハード・ソフトの両面から技術開発を進めています。

開発目標

  • アルミニウムドリルパイプ曲げ強度試験

    アルミニウムドリルパイプ曲げ強度試験

  • スリップクラッシュ試験

    スリップクラッシュ試験
    (Blohm + Voss Oiltoolsにて。Blohm + Voss is a trademark of Blohm+ Voss Shipyards GmbH®)

ページのトップへ戻る