「しんかい6500」は、6,500mの深さまで潜ることができる有人潜水調査船で、1989年に三菱重工業(株)神戸造船所で完成しました。その活動範囲は日本近海だけでなく、太平洋やインド洋、遠くは大西洋にまで及び、これまでに延べ1,529回の潜航を行ってきました(2018年11月現在)。現在運航中の大深度まで潜ることのできる有人潜水調査船は、世界でも7隻()しかありません。その中で「しんかい6500」は、日本のみならず世界の深海調査研究の中核を担う重要な役割を果たしています。

2012年3月、「しんかい6500」は建造以来最大となる改造を終えました。船尾の主推進装置を、旋回式大型1台から固定式中型2台に変更し、また水平スラスタを後部に1台増設して回頭性能を向上させました。また、全てのプロペラのモーターをよりレスポンスの良いものに換装し、加速・制動性能も向上させました。

アルビン(米) / ノチール(仏) / ミールI&II(露) / しんかい6500(日) / コンスル(露) / 蛟竜号(中) [建造年順]

トピックス

トピックス

「しんかい6500」に関する、最新情報はこちら!

ミッション

ミッション

地球内部の動き、生命の進化、環境変動の謎を解き明かせ!

システム

システム

深度6,500mまで潜ることができる有人潜水調査船「しんかい6500」の仕組みとは?

システムヒストリー

システムヒストリー

常に進化を遂げる「しんかい6500」。これまでどのように改造されてきたのか?

研究ヒストリー

研究ヒストリー

これまで「しんかい6500」が調査に関わった、歴史的研究成果とは?

潜航ヒストリー

潜航ヒストリー

通算1,500回以上にも及ぶ、潜航調査の歴史をJ-EDIの映像と共に振り返る!

パイロット

パイロット

潜水船パイロットの船上での生活、素顔に迫る!

スタッフ

スタッフ

「しんかい6500」に関わるスタッフをご紹介します

深海巡航探査機「うらしま」

深海巡航探査機「うらしま」

「うらしま」についてご紹介します

レポート

レポート

船上からパイロットによる最新の情報をお届け!

ギャラリー

ギャラリー

「しんかい6500」の貴重な映像、写真などをご紹介!

おすすめ映像

おすすめ映像

パイロットが選ぶ、おすすめ映像をご紹介!

現在の「しんかい6500」

ワンマンパイロット潜航スタート

ワンマンパイロット潜航スタート
本調査航海でワンマンパイロットによる調査運用がスタートしました。耐圧殻内の改修工事や安全性を考慮した運航体制の整備を経ての実現です。YK18-E02航海では、2回のワンマンパイロット潜航を実施しました。何れの写真も向かって左と中央が研究者、向かって右側がパイロット。潜航した研究者からも高評価を頂きました。YK18-E02航海より>>航海レポートはこちら

[JAMSTEC横須賀本部 整備場]
■次の航海に向けて整備中

「しんかい6500」完成25周年特設サイト