風と流れのプラットフォーム 風と流れのプラットフォーム

「風と流れのプラットフォーム」では、
風洞・スーパーコンピュータに複合的な利用支援をセットで提供します

風と流れのプラットフォームとは?

風と流れのプラットフォームは、産学官が共用可能な研究施設・設備等の整備・運用を含めた施設間のネットワークを構築し、高度な計測分析機器・計算機を中心としたイノベーション創出のためのプラットフォームを形成するとともに、日本の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献することを目的としています。

続きを見る

ご利用いただける施設

施設マップ

目的にあわせて、様々な施設をご利用いただけます

続きを見る

ご利用案内

課題を解決するには、どういった施設を組合せて利用したら良いのか? どれくらいの費用がかかるか? 専門のスタッフが利用者の課題にあわせて提案します。まずは、お問い合わせください。

続きを見る

ニュース

2017年4月23日   イベント 
JAXA調布航空宇宙センター 一般公開で大型風洞試験設備の公開を行います。 詳しくはJAXAホームページをご覧下さい。 http://fanfun.jaxa.jp/event/detail/9733.html


2017年3月2日  プレスリリース
2017年3月2日付の日経産業新聞 朝刊(9面)で「風と流れのプラットフォーム」特定利用課題に関する記事が掲載されました。


2017年2月28日  プレスリリース
2017年2月28日付の日本経済新聞(沖縄・九州経済面)で「風と流れのプラットフォーム」特定利用課題に関する記事が掲載されました。


2017年2月27~28日   イベント 
文部科学省「風と流れのプラットフォーム」および「ポスト京」課題6Cの合同シンポジウムを開催しました。


2017年2月10日 プレスリリース
九州大学で下記プレスリリースがありました。
文部科学省「風と流れのプラットフォーム」および「ポスト京」課題6Cの合同シンポジウムを九州大学応用力学研究所にて開催
(リンク先: 九州大学)


2017年1月26日   イベント 
一般社団法人 可視化情報学会 第93回風洞研究会で本事業のご紹介および地球シミュレータ見学会を実施しました。


2017年1月23日  プレスリリース
2017年1月23日付の新エネルギー新聞(13面)で「風と流れのプラットフォーム」特定利用課題の記事が掲載されました。


2017年1月11日  プレスリリース
2017年1月11日付の日刊工業新聞 朝刊(3面)で「風と流れのプラットフォーム」における人材育成への取組みが掲載されました。


2016年12月27日 プレスリリース
株式会社東芝の下記プレスリリースがありました。
文部科学省 先端研究基盤共用促進事業における特定利用課題に採択
- 風力発電の効率向上を実現する、新たな評価手法の開発を開始 -
(リンク先:株式会社東芝)

続きを見る


2016年12月26日  ニュース 
本事業の平成28年度特定利用課題として、下記の課題を採択いたしました。
課題名: 実風車模型を用いた風車後流風速の定量的評価手法の開発
申請機関: 株式会社 東芝


2016年11月22日  イベント 
風と流れのプラットフォーム・シンポジウム2016を開催しました。


2016年11月16日  ニュース 
本事業の平成28年度特定利用課題の公募を開始いたしました。


2016年9月7日   イベント 
JASIS2016(幕張メッセ、2016年9月7~9日)にブースを出展しました。

文部科学省「風と流れのプラットフォーム」および「ポスト京」課題6Cの合同シンポジウム

文部科学省「風と流れのプラットフォーム」および「ポスト京」課題6Cの合同シンポジウムを2017年2月27~28日に九州大学 応用力学研究所で開催いたしました。多数のご参加をいただき、誠に有難うございました。

当日の様子


続きを見る