プログラム・要旨1日目

 1日目プログラム(PDF)はこちら

●開会挨拶 A会場 白鷹館(9:30-09:40)
海洋研究開発機構 理事長 加藤 康宏
●口頭発表
A会場 白鷹館
セッション1:海洋資源の利用に向けた基盤ツール開発(9:40-10:40)
座長:後藤 忠徳(京都大学)
セッション2:水中音響技術(10:45-11:30)
座長:越智 寛(海洋研究開発機構)
BE11-05 澤 隆雄(海洋研究開発機構)他
中性浮力曳航体を用いた合成開口ソナーシステム
BE11-06 志村 拓也(海洋研究開発機構)他
位相共役波による長距離音響通信の実海域試験結果
BE11-07 越智 寛(海洋研究開発機構)他
駿河湾における水中高速音響通信実験
昼休み(11:30-12:30)
ポスターセッション
 会場:中部講堂(12:30-14:00)
セッション3:AUVの活用とその成果(14:05-15:20)
座長:藤井 輝夫(東京大学)
セッション4:メタンハイドレート(15:30-16:15)
座長:竹内 章(富山大学)
B会場 楽水会館
セッション5:北極研究Ⅰ(9:45-10:45)
座長:菊地 隆(海洋研究開発機構)
BE11-16 堀 正岳(海洋研究開発機構)他
Iridium Openportを用いた北極海への観測支援資料の準リアルタイム配信
BE11-17 猪上 淳(海洋研究開発機構)他
北極海で発生・発達する「温帯」低気圧のライフサイクル
BE11-18 佐藤 和敏(海洋研究開発機構/弘前大学)他
北極海で発生する雲の鉛直構造の変化について
BE11-19 伊東 素代(海洋研究開発機構)他
太平洋側北極海の海洋構造の経年変動
セッション6:北極研究Ⅱ(10:50-11:35)
座長:伊東 素代(海洋研究開発機構)
昼休み(11:35-12:30)
ポスターセッション
 会場:中部講堂(12:30-14:00)

セッション7:物質循環(14:00-15:15)

座長:青山 道夫(気象研究所)

セッション8:大気・海洋(15:20-16:20)
座長:城岡 竜一(海洋研究開発機構)
●総合討論会 会場:A会場 白鷹館 (16:25-17:25)
・大規模航海の実現に向けて
・海洋調査プラットフォームの今後の展開 他
●挨拶 会場:A会場 白鷹館 (17:25-17:30)
海洋研究推進委員会委員長 小池 勲夫(琉球大学 監事)

 


 

●ポスターセッション 会場:中部講堂 (12:30-14:00)
BE11-P01佐藤 和敏(海洋研究開発機構/弘前大学)他
北極海で発生する雲の鉛直構造の変化について
BE11-P02新明 克仁(北海道大学)他
光吸収係数を用いた基礎生産量推定アルゴリズムの極域への適用
BE11-P03福田 秀樹(東京大学)他
西部北極海水柱における従属栄養性微細鞭毛虫類の鉛直分布
BE11-P04佐藤 千恵(筑波大学)他
北極海海洋炭素循環に関与する海洋古細菌群集の評価
BE11-P05内宮 万里央(東京大学)他
西部北極海における原核微生物生産速度の全深度分布
-中深層への有機炭素供給機構とその強度の評価-
BE11-P06児玉 武稔(東京大学)他
西部太平洋亜熱帯表層における栄養塩ダイナミクス
BE11-P07賞雅 朝子(東京大学)他
海底熱水鉱床の年代測定:硫化鉱物におけるウラン・トリウム放射非平衡年代測定の開発
BE11-P08佐藤 文寛(岡山理科大学)他
海底熱水性重晶石を用いたESR年代測定と信号の熱安定性
BE11-P09平田 賢治(気象庁/海洋研究開発機構)他
KH-10-5 Leg.1スマトラ北西沖高解像度反射法地震・音響探査速報
BE11-P10池原 研(産業技術総合研究所)他
日本海新潟~能登半島沖の堆積物の火山灰層序と堆積作用
BE11-P11柏野 祐二(海洋研究開発機構)他
西部熱帯太平洋において観測された海洋の微細構造
BE11-P12宮本 佳明(京都大学)他
3次元変分法を用いたボーガス・外洋上レーダーデータ同化の熱帯低気圧予報への影響
BE11-P13長谷川 拓也(海洋研究開発機構)他
西部熱帯太平洋における海洋表層塩分の準10年スケール変動特性
BE11-P14安藤 健太郎(海洋研究開発機構)他
東経156度赤道地衡流計算に対する水温塩分時系列データのインパクト
BE11-P15木戸 元之(東北大学)他
YK10-09 熊野沖南海トラフ航海報告
BE11-P16小松 千余(高知大学)他
熊野沖南海トラフ堆積物の粒径分布および組織
BE11-P17三宅 裕志(北里大学/海洋研究開発機構)他
深海観察ツールを用いた深海ゴミの研究の可能性
BE11-P18佐々木 建一(海洋研究開発機構)他
南太平洋での下部周極深層水のCFCs年齢について
BE11-P19植木 巌(海洋研究開発機構)他
インド洋RAMAアレイの状況とインド洋TRITONデータの公開
BE11-P20纐纈 慎也(海洋研究開発機構)他
垂下式ADCP観測とCTDの挙動
BE11-P21吉田 龍二(京都大学)他
PALAU2010で観測された渦状擾乱の発生過程に関する数値実験
BE11-P22布川 章子(海洋研究開発機構)他
マリアナ弧火山East DiamanteとZealandia Bankの岩石学的検討
BE11-P23山下 幹也(海洋研究開発機構)他
伊豆小笠原海域におけるIODP掘削サイト評価に向けた地殻構造イメージング
BE11-P24谷 健一郎(海洋研究開発機構)他
初期フィリピン海プレート地殻構造の全容解明に向けた大東海嶺群における潜航調査:YK10-04航海速報
BE11-P25石井 輝秋(深田地質研究所)他
南鳥島周辺の小型海底火山の地質・岩石・鉄マンガン酸化物の研究
BE11-P26町山 栄章(海洋研究開発機構)他
NT10-10 Leg 2航海(上越海盆西部)の調査概要と熱流量稠密観測
-上越沖ガスハイドレートマウンドの流体挙動解明に向けて-
BE11-P27落合 博之(明治大学)他
TDR法を用いた水深1000mにおけるガスハイドレート含有堆積物中のガス量の見積もり
BE11-P28沼波 秀樹(東京家政学院大学)他
上越沖ガスハイドレート域でのマクロベントスの分布(予報)
BE11-P29千葉 元(富山高等専門学校)他
CTD・音響測深機・深海画像による富山トラフの海洋構造調査
BE11-P30宿野 浩司(海洋研究開発機構)他
ハイパードルフィンによるマリアナ弧南部の海底火山の調査
BE11-P31尾鼻 浩一郎(海洋研究開発機構)他
南部伊豆小笠原弧における地殻構造解析を目的とした海底地震観測
BE11-P32尾鼻 浩一郎(海洋研究開発機構)他
カナダ・カスカディア地震発生帯における海底地震観測
BE11-P33植田 勇人(弘前大学)他
小笠原弧大町海山における蛇紋岩の分布(YK10-13 Leg2速報)
BE11-P34山本 揚二朗(海洋研究開発機構)他
自然地震観測による日向灘の地震学的構造
BE11-P35松本 剛(琉球大学)他
拡大海嶺軸の沈み込みのメカニズム:チリ海嶺による検証
BE11-P36高橋 努(海洋研究開発機構)他
日向灘における速度ゆらぎの空間分布
BE11-P37上杉 麻純(金沢大学)他
マリアナトラフ背弧拡大軸17°Nの溶岩流形態について
-しんかい6500による潜航調査-
BE11-P38山口 正視(千葉大学)他
深海微生物の微細形態と進化
BE11-P39太田 裕也(日本大学)他
大腸菌を異なる塩濃度で培養したときの静水圧の影響
BE11-P40座間 千夏(東京海洋大学)他
深海微生物が産生する好圧性エステラーゼに関する研究
BE11-P41緒方 亜実(東京海洋大学)他
深海微生物由来の細胞外高分子の解析
BE11-P42坂本 詩織(東京海洋大学)他
深海微生物由来の細胞外高分子物質の単離とその性状
BE11-P43濱島 裕輝(立教大学)他
深海由来の好冷好圧細菌のイソプロピルリンゴ酸脱水素酵素の加圧下における活性について
BE11-P44宮崎 淳一(海洋研究開発機構)他
カンダタプロジェクト
-ROVによる掘削孔内設置型サンプリングシステムの開発-
BE11-P45川端 建徳(東京海洋大学)他
深海クラゲの有するポリペプチド毒素の精製
BE11-P46井上 広滋(東京大学)他
NT10-08初島沖・明神海丘航海概要:化学合成生態系構成生物の環境適応機構・共生機構・微細構造の解明をめざして
BE11-P47鹿野 寛哉(山形大学)他
MR08-06 Leg2チリ沖およびフィヨルド中におけるマイクロプランクトン群集の分類
BE11-P48今野 進(山形大学)他
インド洋~南大洋(KH07-4 Leg3)におけるマイクロプランクトン群集の分布
BE11-P49植松 勝之(株式会社マリン・ワーク・ジャパン)他
シマイシロウリガイ共生細菌の超微形態解析
BE11-P50根本 卓(新江ノ島水族館)他
シロウリガイ類を常圧下で飼育するためには
BE11-P51北嶋 円(新江ノ島水族館)他
水槽内で観察されたシンカイヒバリガイ類の移動
BE11-P52池田 周平(北里大学)他
ユノハナガニ Gandalfus yunohana はなぜ熱に集まるのか?
BE11-P53西川 淳(東京大学)他
動物プランクトンとマリンスノー:画像解析と計測の最先端
BE11-P54上嶋 正人(産業技術総合研究所)他
市販ビデオカメラによる深海底の映像について
-NT09-16航海ハイパードルフィン#1043潜航時の海底映像-
BE11-P55Christophe Provin (東京大学)他
Detection of new hydrothermal sources thanks to in situ manganese analysis
BE11-P56溝田 あゆみ(日本海洋事業株式会社)他
「かいれい」MCS振源波形の改善
BE11-P57福田 達也(海洋研究開発機構)他
南大洋表面ブイの開発に向けて
BE11-P58Blair Thornton (東京大学)他
音響厚み計測・3D画像マッピングを用いた拓洋第 5 海山におけるマンガンクラスト調査
BE11-P59Sangekar Mehul Naresh (東京大学)他
水中ロボットの自動着底アルゴリズムの開発:手石海丘における実海域実験

ページトップへ

プログラム・要旨2日目

 2日目プログラム(PDF)はこちら

●口頭発表
A会場 白鷹館
セッション9:生きてる鯨と死んだ鯨(9:30-10:30)
座長:藤倉 克則(海洋研究開発機構)
セッション10:超深海と生物活性(10:35-11:35)
座長:丸山 正(海洋研究開発機構)
昼休み(11:35-12: 30)
ポスターセッション
 会場:中部講堂(12:30-14:00)
セッション11:熱水噴出域に広がる生態系と地球化学(14:05-15:05)
座長:平山 仙子(海洋研究開発機構)
セッション12:海洋・地殻内生命の機能と生態(15:20-16:35)
座長:和辻 智郎(海洋研究開発機構)
B会場 楽水会館
セッション13:「ちきゅう」科学掘削2010(9:30-10:30)
座長:許 正憲(海洋研究開発機構)
セッション14:プレート境界Ⅰ(10:35-11:35)
座長:富士原 敏也(海洋研究開発機構)
BE11-53 富士原 敏也(海洋研究開発機構)他
マリアナトラフ17°N背弧拡大軸の「しんかい6500」潜航調査
BE11-54 島 伸和(神戸大学)他
南マリアナトラフ背弧海盆拡大系における地球物理学的調査
BE11-55 小原 泰彦(海上保安庁/海洋研究開発機構)他
南部マリアナ前弧の地質
BE11-56 山野 誠(東京大学)他
日本海溝に沈み込む太平洋プレート上層部の温度構造異常と間隙流体の研究
昼休み(11:35-12:30)
ポスターセッション
 会場:中部講堂(12:30-14:00)
セッション15:プレート境界Ⅱ(14:00-14:30)
座長:田村 芳彦(海洋研究開発機構)
BE11-57 石塚 治(産業技術総合研究所)他
フィリピン海プレート創成過程復元と島弧創成メカニズムの解明
BE11-58 田村 芳彦(海洋研究開発機構)
沈み込み帯におけるマグマ研究と今後の展望
セッション16:構造探査Ⅰ(14:35-15:35)
座長:高橋 成実(海洋研究開発機構)
BE11-59 小平 秀一(海洋研究開発機構)他
海洋リソスフェア構造探査とIODPモホール・プロジェクト
BE11-60 藤江 剛(海洋研究開発機構)他
沈み込みに伴う太平洋プレートの構造変化
BE11-61 仲西 理子(海洋研究開発機構)他
南海トラフ西南部に沈み込むフィリピン海プレートの形状
BE11-62 高橋 成実(海洋研究開発機構)他
伊豆小笠原島弧の地殻構造からみた地殻進化
セッション17:構造探査Ⅱ(15:40-16:40)
座長:高橋 成実(海洋研究開発機構)
●閉会挨拶(若手奨励賞表彰を含む) 会場:A会場 白鷹館 (16:45-17:00)
海洋研究開発機構 理事 今脇 資郎

 


 

●ポスターセッション 会場:中部講堂 (12:30-14:00)
BE11-P60川村 喜一郎(深田地質研究所)他
日本海溝での海底地形,堆積物コア試料と底層流との関係
BE11-P61熊本 雄一郎(海洋研究開発機構)他
太平洋WHP-P01及びP14ラインにおける過去十数年間の炭素14濃度の変動
BE11-P62山岸 洋明(国立環境研究所)他
溶存酸素/アルゴン比の連続観測に基づく純生態系生産量の時空間分布の解析
BE11-P63本多 牧生(海洋研究開発機構)他
気候変動に対する生態系変動を介した物質循環の変動とフィードバック
-MR10-06航海概要-
BE11-P64高島 久洋(海洋研究開発機構)他
MAX-DOAS 法による「みらい」での船上エアロゾル・ガス観測
BE11-P65三好 陽子(九州大学)他
沖縄トラフ伊是名海穴熱水域の堆積層内で見られる熱水変質鉱物
BE11-P66川口 慎介(海洋研究開発機構)他
元素状硫黄キャップ仮説に基づく伊是名海穴熱水域の潜航調査
BE11-P67山中 寿朗(岡山大学)他
南部沖縄トラフ多良間海丘における熱水活動の特徴:NT10-06Leg.2航海概要報告
BE11-P68平井 美穂(海洋研究開発機構)他
小笠原海溝底堆積物中の微生物による窒素循環
BE11-P69坪内 泰志(海洋研究開発機構)他
ゲノム的視点から見出された超深海帯生態系における窒素代謝
BE11-P70林 宏恵(茨城大学)他
深海環境における細胞内変異原の生成と自然突然変異
BE11-P71仁田原 翔太(東京薬科大学)他
拓洋第5海山における海洋性マンガンクラストの微生物群集解析
BE11-P72牧田 寛子(海洋研究開発機構)他
各地の深海底に存在する褐色変色域での微生物調査
BE11-P73山本 正浩(海洋研究開発機構)他
深海熱水環境で作動する電気化学センサーの開発と改良
BE11-P74美野 さやか(北海道大学)他
深海底に生息する化学合成微生物の群集遺伝学的構造解明へのアプローチ
BE11-P75長野 由梨子(海洋研究開発機構)他
相模湾メタン冷湧水域における真菌多様性
BE11-P76別符 沙織(山梨大学)他
深海性二枚貝類の集団遺伝学的解析
BE11-P77日髙 裕華(東京大学)他
南マリアナトラフにおけるアルビンガイの集団構造に関する研究
BE11-P78多米 晃裕(株式会社マリン・ワーク・ジャパン)他
深海産共生二枚貝類の血液細胞の比較形態学的研究
BE11-P79関根 大介(北里大学/海洋研究開発機構)他
シンカイヒバリガイの免疫機構の解明に向けた抗血液細胞のモノクローナル抗体の構築
BE11-P80小澤 元希(北里大学/海洋研究開発機構)他
深海性二枚貝のミトコンドリアゲノム解析
BE11-P81中村 欽光(海洋研究開発機構)他
シロウリガイ共生系における共生組織(エラ)特異的に発現するムチン様物質
BE11-P82吉田 尊雄(海洋研究開発機構)他
ナギナタシロウリガイ共生菌のゲノム解析
BE11-P83中川 聡(北海道大学)他
インド洋の深海底熱水活動域に棲息する細胞内共生微生物のゲノム解析
BE11-P84篠崎 鮎太(海洋研究開発機構/広島大学)他
鯨骨を用いたサツマハオリムシの生態学
BE11-P85池野辺 絢美(日本大学)他
ヒラノマクラの共生に関与するタンパク質に関する研究
BE11-P86大久保 麻衣(日本大学)他
牛骨と豚骨に出現したホネクイハナムシ類とその共生細菌の分子系統解析
BE11-P87梅津 裕一(広島大学/海洋研究開発機構)他
アミノ酸の窒素安定同位体比分析によるホネクイハナムシの栄養摂取方法の推定
BE11-P88河戸 勝(海洋研究開発機構)他
牛骨,豚骨および木材に蝟集したイガイ類の共生様式
BE11-P89西村 明日香(鹿児島大学)他
鯨骨に生息する多毛類の繁殖生態に関する研究
BE11-P90西本 篤史(京都大学)他
海底沈木への生物穿孔~CTを用いた非破壊内部構造解析~
BE11-P91Robert Gwyn Jenkins(横浜国立大学)他
NT10-19 Leg2の調査概要:海底下を包含したメタン湧水生態系の解明を目指して
BE11-P92阿部 真理子(海洋研究開発機構)他
世界初、水素酸化の化学合成生物の発見-インド洋中央海嶺熱水活動域に生息するアルビン貝の機能解析-
BE11-P93小糸 智子(日本大学)他
明神礁におけるカヅキシンカイヒバリガイの発見
BE11-P94高橋 幸愛(東京海洋大学/海洋研究開発機構)他
ヘイトウシンカイヒバリガイは性転換する
BE11-P95坂田 利江(早稲田大学)他
深海魚バラビクニンにおける光受容体遺伝子の同定
BE11-P96北田 貢(新江ノ島水族館)他
深海生物の伝え方~ウェブを利用した深海生物の情報発信~
BE11-P97田中 克彦(海洋研究開発機構)他
海洋生物分布情報の統合表示システム開発
BE11-P98市山 祐司(海洋研究開発機構)他
JAMSTECの地質試料情報公開サイト
BE11-P99富山 隆將(海洋研究開発機構)他
JAMSTECコア試料キュレーションの展開 Ⅱ
BE11-P100石橋 正二郎(海洋研究開発機構)他
海中探査機を使用した要素技術の検証
BE11-P101石橋 正二郎(海洋研究開発機構)
高性能小型慣性航法装置の開発と展望
BE11-P102浅田 美穂(海洋研究開発機構)他
AUV「うらしま」と「しんかい6500」の調査による新たな熱水噴出孔の発見
BE11-P103豊田 新(岡山理科大学)他
南部マリアナトラフ海底熱水域の海底放射線量
BE11-P104太田 晴美(グローバルオーシャンディベロップメント)他
マルチビーム音響測深装置におけるARGOフロートの利用および音速プロファイルの自動作成
BE11-P105青木 美澄(日本海洋事業株式会社)他
ROVを使ったケーブル展長装置の投入用係留系の仕掛け
BE11-P106伊勢戸 徹(海洋研究開発機構)他
JAMSTECの生物サンプル情報の一元管理と二次利用体制の構築
BE11-P107南澤 智美(海洋研究開発機構)他
ユーザビリティの高い検索システムを目指して
BE11-P108百留 忠洋(海洋研究開発機構)他
実海域における「うらしま」の運動特性および海底探査性能試験
BE11-P109佐野 守(日本海洋事業株式会社)他
深海巡航探査機「うらしま」取得の海底地形データ処理
BE11-P110野 徹雄(海洋研究開発機構)他
マルチチャンネル反射法地震探査による相模海丘及び真鶴海丘周辺における地殻構造イメージング(KR10-01航海)
BE11-P111野 徹雄(海洋研究開発機構)他
「ひずみ集中帯の重点的調査観測・研究」による1964年新潟地震震源域付近~大和海盆における地殻構造探査(KR10-10航海)
BE11-P112三浦 誠一(海洋研究開発機構)他
「かいれい」MCSシステムによる房総沖スロースリップ域の構造イメージング-KR10-09航海-
BE11-P113三浦 誠一(海洋研究開発機構)他
「かいれい」によるオントンジャワ海台でのMCS・OBS構造探査
-KR10-05航海-
BE11-P114畑山 隆紀(海洋研究開発機構)他
定常観測データ(地球物理関連)の品質管理について
BE11-P115福田 和代(海洋研究開発機構)他
観測航海データの一元管理と公開システム構築
BE11-P116北山 智暁(海洋研究開発機構)他
映像・画像の統合公開システムの構築
BE11-P117鈴木 晋一(海洋研究開発機構)他
海洋調査船を用いたアウトリーチ活動
-第12回全国児童「ハガキにかこう海洋の夢絵画コンテスト」体験乗船-
BE11-P118三輪 哲也(海洋研究開発機構)他
無人探査機「ハイパードルフィン」を使った深海実験企画
BE11-P119藤岡 換太郎(海洋研究開発機構)他
相模湾をバイオジオパークに-KOOHOO航海の成果-

ページトップへ