JAMSTEC > 開発・運用部門 > 海洋工学センター > 研究船・深海調査システム >  深海調査システム > AUVの総合的活用を目指して > 深海探査機「おとひめ」

海洋工学センター

深海探査機「おとひめ」

サイズ 2.5m(L)×2.1m(W)×1.4m(H)
重量850kg
潜航深度3,000m
速力0.5~1.5knot
航行時間8時間程度

CTD測定装置

海水の塩分・水温・水深を測定します。

pH・CO2ハイブリッドセンサ

海水のpHとCO2濃度を測定します。

マニピュレータ

船上からの遠隔操作で海底の資料等を採取します。

全方位カメラ

上下左右に向きを変えられるパンチルトカメラにより全方位の観察が可能です。

ステレオ視カメラ

物体を二つのカメラで撮影することにより、物体までの距離、大きさ等の情報を取得します。

サイドスキャンソナー

音波を発信して海底表面を画像化します。

垂直翼

方向転回に用います。

水平翼

上昇・下降に用います。

<< 戻る