JAMSTEC > 開発・運用部門 > 海洋工学センター > 研究船・深海調査システム >  深海調査システム > 浅海用ハイブリッド型無人潜水機「MROV」

海洋工学センター

浅海用ハイブリッド型無人潜水機「MROV」

水温、溶解気体、微生物などの海洋情報は、深度500m以浅で変化が大きいため、浅海で広範囲にわたり効率よくデータ計測を可能とする潜水機が望まれます。この目的で、AUV/ROVのいずれとしても使用可能な、広域の水平方向移動を特徴とした、簡便な潜水機MROVの研究開発を民間企業と共同で実施しました。

最大使用深度1,000m
航続速度速力2ノットで4時間以上
寸法・重量全長1.4m×全幅0.7(W)×0.4(H)m、約80kg(空気中)
速 力巡航速力2ノット(最大3ノット)
運行モードUROV/遠隔/自律
観測機器TVカメラ

MROVの運用イメージ

<<戻る