logo

ニュース

2024.02.02


2024

2024/01/26
磯部副主任研究員と超先鋭部門・地球環境部門の精鋭たちが参画したNEDOプロジェクトの成果が、Nature Communications誌に掲載されました。これは、プラスチックごみの終着地である深海において、生分解性プラスチック(※ポリ乳酸を除く)が生分解するということを初めて立証したものになります。「海洋に流出した際にのみ加速的に分解する新規素材」の開発に向けて、重要な知見となることが期待されます。詳細は、こちら。東京大学のプレスリリースは、こちら。JAMSTECのプレスリリースは、こちら
2024/01/26
JAMSTECと神奈川県温泉地学研究所によるSTEAM教育の現場が、新聞報道されました。その成果は、エコたま基金・優秀賞 (論文賞) 【分析化学, vol. 72, pp. 249-256 (2023).】を受賞しました。受賞式の様子と新聞報道は、こちら。研究成果は、こちら。箱根ジオパークは、こちら
2024/01/25
石川副主任研究員、小川主任研究員らの研究成果が、Marine Ecology Progress Series誌に掲載されました。詳細は、こちら
2024/01/22
『研究開発の現場に流れるシンフォニー』のトピックスが紹介されました。ブライアン・メイさんから応援メッセージをリンクしました。詳細は、こちら
2024/01/22
吉川副主任研究員、大河内部門長らの研究成果が、Frontiers in Marine Science誌に掲載されました。詳細は、こちら
2024/01/16
磯部副主任研究員が分析に協力した、深海の沈木生物群集に関する論文がMarine Biology Research誌に掲載されました。西部北太平洋5505メートルで発見されたこの沈木の観察・サンプリングは有人潜水調査船しんかい6500によって行われ、トロールなどのサンプリングでは得ることのできない重要な知見を多く包含しています。詳細は、こちら
2024/01/11
ISAS/JAXAと高野上席研究員らの研究成果が、Meteoritics & Planetary Science誌に掲載されました。詳細は、こちら
2024/01/11
加来研究生、磯部副主任研究員らが開発した、壊れずに膨らむキチンゲルに関する論文がSoft Matter誌に掲載されました。この新しいキチンゲルにより、従来よりも柔らかく水分量が多いキチンゲルを作ることが可能になりました。詳細は、こちら