2017/12/16掲載・日本農業新聞「豪雪 早くも寒波、ラニーニャも」

黒潮大蛇行と雪の関係に関して、日本農業新聞の記事でコメントしました。

記事名 豪雪 早くも寒波、ラニーニャも 人口減に高齢化・・・除雪できぬ 不安
掲載  2017年12月16日日本農業新聞
リンク https://www.agrinews.co.jp/p42772.html

以下の解説に関連する内容です。

黒潮が大きく蛇行している時に、南岸低気圧にともなう雪が東京に降りやすいという研究は、鹿児島大学の中村啓彦教授らによるものです。
プレスリリース:『黒潮大蛇行の低気圧と降雪への影響を発見』(2012年9月25日 pdf)
知って楽しい海の話「南岸低気圧と黒潮」は東京大学海洋アライアンスの保坂直紀上席主幹研究員による解説です。

「ラニーニャ現象と黒潮の大蛇行が重なった年は豪雪」に否定的というコメントは、日本海側の豪雪に関するものです。黒潮大蛇行が日本海側の雪に影響を与えているという研究は、私の知る限り、ありません。

海が気象に与える影響については、多くの研究が進められています。黒潮親潮ウォッチでの解説記事の一覧はこちらです。

ラニーニャの見通しについては、姉妹サイト「季節ウォッチ」をご覧ください。

 


これまでの取材協力の一覧はこちら
黒潮大蛇行記事のまとめはこちら


美山 透

海の変化は、漁業海運エネルギー天候など様々なことに影響します。海洋予測がもっと身近なものになるように、頭をしぼって書いています。