2016年2月号

Pocket

今年の3-5月に予測される気温と降水量は?

fig_2

図1 2016年3月から5月までの地上気温の平年差(ºC)。 予測開始日は2月1日。

今年の3-5月の気温は、世界の多くの地域で平年より暖かくなるでしょう(図1)。一方で、ヨーロッパ北部、中国北東部、アメリカ南東部、南米南部では、平年より寒くなるでしょう。これらは、現在熱帯太平洋で発生している「エルニーニョ現象」からの影響がある程度関係しています。

fig_3

図2 2016年3月から5月までの降水量の平年差(mm/日)。予測開始日は2月1日。

今年の3-5月の降水量は、オーストラリア北部、アフリカ南部、インド、メキシコ、ブラジル東部で平年より雨が少なくなるでしょう(図2)。一方で、インドネシアでは、平年より雨が多くなるでしょう。日本の3-5月は、平年より暖かく、雨が少ない見込みです。

今年の3-5月の気候に影響を与える海の状況は?

fig_1

図3 2016年3月から5月までの海面水温の平年差(ºC)。 予測開始日は2月1日。

日々の天気と異なり、季節を決める気候の変動には海の状況、特に、海面水温が大きく関わっています(参照:季節予測とは?)。熱帯太平洋では現在、中央部と東部で水温が平年より高くなる「エルニーニョ現象」が発生しています。このエルニーニョ現象は、今年の3-5月に徐々に弱まり(図3)、7-9月までに平年の状態に戻る見込みです。その後、年末に向かって、熱帯太平洋の西部で水温が平年より高くなる「ラニーニャ現象」に移る可能性があります。

一方、インド洋ですが、今年の3-5月まで全域で水温が平年よりも高い状況が続くでしょう(図3)。これは、熱帯太平洋のエルニーニョ現象が大気の循環を変えることでインド洋を温めていることによるものと考えられます。

 

Pocket