6月18日・公開セミナー「オオミズナギドリと貨物船で海流を測る」

私たちJAMSTECの横浜研究所地球情報館は、毎月第3土曜日に休日開館し、イベントが行われています。その一環として、研究者や技術者などによる地球科学に関する最前線の研究、開発に関するエピソードをご紹介する、公開セミナーが開催されます。

今月の公開セミナーの講演者は、海洋・大気環境変動予測応用グループ(黒潮親潮ウォッチで紹介している海流予測モデルJCOPEを開発しているグループ)の宮澤泰正グループリーダーです。内容は、2015/12/11号「オオミズナギドリと内航貨物船がとらえた津軽暖流の渦」に関連する話題です。ぜひ、みなさまご来所ください。

seminar200

演 題 オオミズナギドリと貨物船で海流を測る
~新たな観測手法がひらく海流予測の新展開~
講演者 宮澤 泰正
アプリケーションラボ
日 時 2016年6月18日(土) 13:30~15:00
場 所 横浜研究所三好記念講堂(地図
入場料 無料(事前申込みは不要です)
詳細  http://www.jamstec.go.jp/j/pr/esm_sat_open/

 

2018/7/2追記:
このセミナーの内容は、Blue Earth: 海と地球の情報誌 第29巻 第3号(通巻149号)に掲載されています。

関連


美山 透

海の変化は、漁業海運エネルギー天候など様々なことに影響します。海洋予測がもっと身近なものになるように、頭をしぼって書いています。