2017年3月24日から4月21日の予測を検証します

毎月の月末は、過去1カ月の予測を検証する予定です。今回は2017年3月29日号の、3月24日から4月21日までの予測を検証します。

図1上段は、3月24日から予測した4月21日の黒潮の状態です。3月29日号の予測のポイントの一つは、黒潮が八丈島の南を流れる離岸流路が続くということでした。予測していたとおり、離岸流路が続いています(図1下段)。

3月29日号の予測のもう一つのポイントは、九州東に大きめの離岸(小蛇行)が黒潮下流に移動する可能性があるということでした(図1上段)。小蛇行は確かに少しずつ移動していますが(今週号の現状参照)、実際(図1下段)よりもやや早過ぎたようです。JCOPE2Mは、黒潮の変化の予測が全体的に早過ぎる傾向があるかもしれません。今後の検証の注目点です。

Fig1

図1: [上段]2017年3月24日から予測した4月21日の予測値。[下段]観測値を取り入れて推測した2017年4月21日の解析値。矢印は海面近くの流れ(メートル毎秒)、色は海面高度(メートル)。赤は八丈島の位置。アルファベットm,n..は接岸・離岸傾向の波(今週号の現状・予測参照)。

 

2017年4月21日頃の実際の様子については、図2の「ひまわり8号」による海面水温[1]も参照してください(4月21日は雲が多かったので、4月22日の画像をしめしています)。八丈島の周りの水温は低く、黒潮が離岸流路にあることをしめしています。九州南東では小蛇行による大きな離岸のために、その岸側で冷たい水温が見られています。「ひまわり」の画像は、接岸傾向sによる暖水の進入(今週号の現状参照)もとらえています。

Fig2

図2:「ひまわり8号」が観測した2017年4月22日の一日平均海面水温(°C)。JAXA提供の1時間データを合成した。白の空白は雲がかかって観測できなかった所。赤星()は八丈島の位置。

 

図3は2017年3月24日から4月21日までの予測値(上段)と実際(下段)の比較をアニメーションにしたものです。


図3: 2017年3月24日から4月21日までの予測(上段)と実際(下段)の比較のアニメーション。クリックして操作してください。途中で停止もできます。

kurokatsu


八丈島付近の黒潮流路について、詳しく見てみましょう。過去の解説で[2]、伊豆諸島付近の黒潮流路を判断するには、八丈島での海面高度(潮位)を見れば良いことを説明しました。流れの強い黒潮をはさんで、本州に近い方は海面高度が低い、逆の沖側では海面高度が高いという関係があるからです(図1参照)。このため、黒潮が本州に近づいて島の北を流れる接岸流路であれば、島周辺の海面高度は高くなります。逆に、黒潮が島の南を流れる離岸流路が発達すれば、島周辺の海面高度は低くなります。

図4は、JCOPE2Mで観測値を取り入れて再現した八丈島の海面高度(★による点線)と、その予測(青線、赤線)です。実際の海面高度の変化(★による点線)を3月29日号の3月24日からの予測(青線)と比較すると、予測通り離岸流路の状況(海面高度が低いまま)が続いています。離岸の規模は、予測(青線)より実際(★による点線)の方が大きく(海面高度は低く)なっています。

今週号の予測(赤線)では、大きな離岸流路がしばらく続く(海面高度がかなり低い値が続く)と予測しています。

Fig4

図4: JCOPE2Mによる八丈島周辺の海面高度の予測の2017年2月1日からの時系列。青線が2017年3月24日からの予測。赤線が2017年4月21日からの予測。★による点線が観測値を取り入れて推測した現実に近いと考えられる値。

 

  1. [1]ひまわり8号」の海面水温については、2015/10/9号・気象衛星「ひまわり8号」で見た黒潮を参照。JAXA提供の「ひまわり8号」海面水温データは、2016年8月31日からバージョン1.2にバージョンアップしています。鹿児島県水産技術開発センター和歌山水産試験場からも「ひまわり」の画像が公開されています。過去の「ひまわり8号」の水温データを使った解説一覧はこちら。
  2. [2]過去の八丈島水位の解説一覧はこちら

美山 透

海の変化は、漁業海運エネルギー天候など様々なことに影響します。海洋予測がもっと身近なものになるように、頭をしぼって書いています。