JAMSTEC > 開発・運用部門 > 海洋工学センター > 研究船・深海調査システム >  深海調査システム > AUVの総合的活用を目指して > 深海探査機「ゆめいるか」

海洋工学センター

深海探査機「ゆめいるか」

サイズ 5m(L)×1.2m(W)×1.2m(H)
重量2.7ton
潜航深度3,000m
速力2~3knot
航行時間16時間程度

音響通信装置

音波で海上の調査船と通信します。

CTD測定装置

海水の塩分・水温・水深を測定します。

pHセンサー

海水のpHを測定します。

サブボトムプロファイラー

音波を発信して海底の地層を調査します。

インターフェロメトリ合成開口ソナー

精密に音波による海底調査ができます。

後部固定スラスタ

主推進装置で前後進に用います。

独立可変前部及び後部X舵

機体の前後に備えた計8枚の翼を自在に制御することにより、機体を水平に保ったまま上昇・下降ができます。

<< 戻る