暖水渦の影響弱まる (親潮ウォッチ2017/04)

先月予測していたとおり、東北沖に存在していた暖水渦は次第に弱まり、南下しています。しばらくは親潮が沿岸に近づきやすい状況が続くと予測しています。

全体的な状況

まず、日本周辺の水温状況を見てみましょう。図1は、2017年3月5日(親潮ウォッチ2017/03で解説)と2017年4月7日の海面水温の、平年との差を見たものです[1]。平年は1993から2012年の20年間の平均で、それより高い場所が赤っぽい色、低い場所では青っぽい色になっています。

日本海(図中C)では平年より高温の状態が続いています。日本海の高水温については2017/2/8号「対馬暖流が強く大雪?」で解説しました。

日本南岸では、黒潮の離岸流路(図中D)や小蛇行(図中E)が発達するにつれて、それらの影響で低温が目立っています。最新の黒潮予測を参照してください。

東北沖と北関東沖の高水温(図中のAとB)は、3月5日(図1上段)に引き続いて4月7日(図1下段)にも存在していますが、勢力が弱くなっているようです。以下でくわしく見ることにします。

Fig1

図1: 海面温度の平年(1993年から2012年の平均)との差(℃)。[上段]2017年3月5日。[下段] 2017年4月7日。

 

弱まる暖水渦

図2は、親潮付近での海面水温(色)と流速(矢印)を、3月5日(左)と4月7日(右)で比較した図です。東北沖に位置していた暖水渦(図中A)は、先月から今月にかけて南下し、弱まっています。黒潮続流域にある渦(図中B)も、やや南下して規模が小さくなっています。

一方、3月5日(図2左)では、東北沖の暖水渦(A)をまわり込むようにして、親潮の水が南に入りこんでいました(青矢印)。それが4月7日(図2右)には、東北沖の暖水渦(A)と黒潮続流の暖水渦(B)がくっつきあうようになり、暖水渦(A)をまわり込むような冷水の流入は弱まっています(青矢印)。

以上のような変化は、おおむね先月号の予測通りでした。

図2: 親潮から黒潮続流域の海面水温(色、℃)と流速(矢印、メートル毎秒)。左が3月5日、右が4月7日。

 

先月号(気象衛星「ひまわり8号」で見た親潮2)に引き続いて、今年3月5日から4月7日までのJCOPE2Mによる推定海面水温(左)と、気象衛星「ひまわり8号」による海面水温[2]を並べてアニメーションにしてみました(図3)。JCOPE2Mは「ひまわり8号」の海面水温を良く再現しつつ、「ひまわり8号」が雲のために観測できない地点も推定し、海面流速(矢印)も計算しています。東北沖の暖水渦が弱まりながら南下する様子に注目して見てください。


図3: 親潮から黒潮続流域の海面水温を2017年3月5日から4月7日まで見たアニメーション。左図はJCOPE2Mの解析値から(1日平均)。右図がひまわり8号の観測から作成された海面水温。左図にはJCOPE2Mの流速も矢印でしめしている。

4月7日からの予測

図4は、JCOPE2Mによる4月7日から6月8日までの予測をアニメーションにしたものです。親潮域の水深100mの水温(左図)と平年(1993から2012年の平均、右図)を比較しています。暖水渦や、親潮の勢力の指標である水温5度線に注目して見てみてください。東北沖に現在ある暖水渦は弱まって消えていきそうです。そのため、しばらくは沿岸で北から親潮が入りやすい続きそうです。6月頃になると再び暖水渦が強くなってきそうな気配があるので、今後注目していきます。

親潮ウォッチは月に一度ですが、親潮と黒潮続流の周辺の予測は、JCOPE のweb pageで週2回更新されているので、参照してください。親潮・黒潮続流関係の図の見方は2017年1月18日号2017年2月1日号で解説しています。


図4: 親潮域の水深100mでの2017年4月7日から6月8日までの水温(左図)の、JCOPE2Mによる予測と、平年(1993から2012年のJCOPE2再解析の平均、右図)の比較のアニメーション。親潮域の指標として水温5度に黒太線で等値線をひいてあります。クリックして操作してください。途中で停止もできます。

 

JCOPE2Mによる推定によれば、親潮の勢力の指標である親潮面積[3]は、4月初頭の現在の値(図5の青線)が、平年(黒細線)よりも大きくなっています。親潮面積が大きいということは、親潮の勢力が強く、水温が冷たいことを意味します。2015年5月頃から続いていた親潮勢力が異常に弱い状況は終わっています。

2017/4/20 追記:仙台管区気象台は「2015~2016 年の親潮~三陸沖へ張り出しにくい状態が続きました~」(pdf 2017/3/29)という解説資料を出しています。

予測(青点線)を見ると、暖水渦が弱まる一方、暖水渦を回り込んで南に入りこんでいた冷水も弱まるので、親潮面積はしだいに平年値に近づくと予測しています。

Fig5

図5: 親潮面積の時系列(単位104 km2)。赤線が2015年1月から現在までのJCOPE2再解析から計算した時系列。黒細線は平年(1993-2012年)の季節変化。灰色の範囲は平均からプラスマイナス標準偏差の範囲。2016年10月からは、JCOPE2再解析の代わりに、新モデルであるJCOPE2Mによる値(青実線)を使用。青点線は2017年4月7日からのJCOPE2Mによる予測。

 


黒潮親潮ウォッチでは、親潮の現状について月に一回程度お知らせします。親潮に関する解説一覧はこちらです。 JCOPE-T-DAによる短期予測はJAXAのサイトで見ることができます。 週に2回更新されるJCOPE2Mによる親潮の長期解析・予測図はJCOPE のweb pageで見られます。親潮関係の図の見方は2017年1月18日号2017年2月1日号で解説しています。

oyashio-mini2
  1. [1]今年の値はJCOPE2Mを、平年の値はJCOPE2再解析を使用しています。
  2. [2]「ひまわり8号」の海面水温については、2015/10/9号・気象衛星「ひまわり8号」で見た黒潮を参照。JAXA提供の「ひまわり8号」海面水温データは、2016年8月31日からバージョン1.2にバージョンアップしています。過去の「ひまわり8号」の水温データを使った解説一覧はこちら
  3. [3]親潮面積については、「親潮が記録的なあたたかさ(親潮ウォッチ2015/9)」で解説しています。


美山 透

海の変化は、漁業海運エネルギー天候など様々なことに影響します。海洋予測がもっと身近なものになるように、頭をしぼって書いています。