JAMSTEC|海洋研究開発機構|ジャムステック

20220617
トップページ > JAMSTECについて > 連携大学院

連携大学院

●JAMSTEC の連携大学院

JAMSTEC では、大学院との協定に基づき、大学院生が JAMSTEC において研究する制度(連携大学院制度)を持っています。JAMSTEC の研究者・技術者が大学院教員(連携教員)に就任して、大学院生を受け入れ、研究指導を行う制度です。連携先の大学院に進学すると、大学で講義などを受けながら連携教員の指導の下、JAMSTEC 内の施設等を利用して研究を行い、大学院の学位を取得することが出来ます。JAMSTEC の研究者・技術者が連携大学院の指導教員として将来の海洋人材の育成に貢献しています。

(1)進学希望の皆様へ

○進学の手続き

①以下の(2)連携大学院教員一覧を参考に、希望する教員を選んでください。
②希望する教員に連絡を取り、進学希望について相談してください。
③大学の HP を参考に受験にのぞんでください。

(2)連携大学院教員一覧

※下記の表は横スクロールにて確認できます。

連携大学院協定締結校 教員氏名 所属
東海大学
海洋学研究科
川口 勝義
川口 勝義
研究プラットフォーム運用開発部門
植木 巌
植木 巌
地球環境部門
大気海洋相互作用研究センター
海洋気候研究グループ
渡部 裕美
渡部 裕美
超先鋭研究開発部門
超先鋭研究開発プログラム
広島大学 廣瀬 丈洋
廣瀬 丈洋
超先鋭研究開発部門
高知コア研究所
石川 剛志
石川 剛志
超先鋭研究開発部門
高知コア研究所
諸野 祐樹
諸野 祐樹
超先鋭研究開発部門
高知コア研究所
物質科学研究グループ
富岡 尚敬
富岡 尚敬
超先鋭研究開発部門
高知コア研究所
物質科学研究グループ
高知大学
総合人間自然科学研究科
稲垣 史生
稲垣 史生
研究プラットフォーム運用開発部門
マントル掘削プロモーション室
冨士原 敏也
冨士原 敏也
海域地震火山部門
地震発生帯研究センター
海底地質・地球物理研究グループ
谷川 亘
谷川 亘
超先鋭研究開発部門
高知コア研究所
物質科学研究グループ
神戸大学
海事科学研究科
金谷 有剛
金谷 有剛
地球環境部門
地球表層システム研究センター
米山 邦夫
米山 邦夫
地球環境部門
大気海洋相互作用研究センター
植木 巌
植木 巌
地球環境部門
大気海洋相互作用研究センター
海洋気候研究グループ
井上 朝哉
井上 朝哉
研究プラットフォーム運用開発部門
技術開発部
基盤技術研究開発グループ
渡邊 佳孝
渡邊 佳孝
研究プラットフォーム運用開発部門
技術開発部
基盤技術研究開発グループ
神戸大学
システム情報学研究科
坪井 誠司
坪井 誠司
付加価値情報創生部門
地球情報科学技術センター
古市 幹人
古市 幹人
付加価値情報創生部門
数理科学・先端技術研究開発センター
計算科学・工学グループ
桑谷 立
桑谷 立
海域地震火山部門
火山・地球内部研究センター
固体地球データ科学研究グループ
神戸大学
理学研究科
野崎 達生
野崎 達生
海洋機能利用部門
海底資源センター
地質地球化学グループ
大林 政行
大林 政行
海域地震火山部門
火山・地球内部研究センター
地球物理観測研究グループ
東京海洋大学
海洋科学技術研究科
石橋 正二郎
石橋 正二郎
研究プラットフォーム運用開発部門
技術開発部
基盤技術研究開発グループ
吉田 尊雄
吉田 尊雄
地球環境部門
海洋生物環境影響研究センター
深海生物多様性研究グループ
明治大学
理工学研究科
三輪 哲也
三輪 哲也
研究プラットフォーム運用開発部門
技術開発部
観測技術研究開発グループ
北里大学
海洋生命科学研究科
吉田 尊雄
吉田 尊雄
地球環境部門
海洋生物環境影響研究センター
深海生物多様性研究グループ
Dhugal Lindsay
Dhugal Lindsay
超先鋭研究開発部門
超先鋭研究開発プログラム
渡部 裕美
渡部 裕美
超先鋭研究開発部門
超先鋭研究開発プログラム
東北大学
理学研究科
小平 秀一
小平 秀一
海域地震火山部門
鈴木 勝彦
鈴木 勝彦
海洋機能利用部門
海底資源センター
東京大学
新領域創成科学研究科
菊地 隆
菊地 隆
地球環境部門
北極環境変動総合研究センター
Swadhin K. Behera
Swadhin K. Behera
付加価値情報創生部門
アプリケーションラボ
金沢大学
自然科学研究科
田村 芳彦
田村 芳彦
海域地震火山部門
火山・地球内部研究センター
阿部 なつ江
阿部 なつ江
研究プラットフォーム運用開発部門
マントル掘削プロモーション室

※上記の表は横スクロールにて確認できます。

(3)大学関係者の皆様へ

○連携大学院協定の締結について

学生の受入を希望する場合、手続きの前提として、JAMSTEC と大学院との協定の締結が必要となります。締結については、大学等のニーズ、JAMSTEC の研究計画等を勘案し、連携協定の内容について協議した上で、随時検討させていただきますので、詳しくは海洋科学技術戦略部 対外戦略課(下記、お問い合わせ先参照)にご相談ください。

○連携職員の委嘱手続きについて

JAMSTEC の研究員を連携教員に新たに委嘱する場合は、まずは海洋科学技術戦略部 対外戦略課(下記、お問い合わせ先参照)にご相談ください。

○お問い合わせ

ご質問・お問い合わせは下記までご連絡ください。
海洋科学技術戦略部 対外戦略課
E-mail : renkei[at]jamstec.go.jp
※[at]を@に変更してご使用ください。