JAMSTEC > 地球環境部門 > 環境変動予測研究センター

環境変動予測研究センター

地球環境の変動予測

これまでJAMSTECが開発してきた様々なシミュレーションモデルを引き続き高度化し予測精度を向上させます。さらに、個々のモデルの特徴を活かし、モデル間の連携を深化させることによって、豪雨や台風などの短期的現象、エルニーニョなどの中期的現象、地球温暖化などの長期的現象に関する相互作用など新たな知見の獲得に取り組みます。

2022/07/15
北極海氷の減少を説明する新たなメカニズムを提唱―メキシコ湾流の温暖化による遠隔効果―
2022/07/15
第19回 「地球環境シリーズ」講演会 「極端現象 ―豪雨をもたらすもの―」(オンライン開催:8/19)
2022/07/13
特任研究員もしくはポストドクトラル研究員(AGM22-014)公募について
2022/05/24
IPCC第6次評価報告書(第1作業部会)の公表
-JAMSTEC研究者たちの貢献とメッセージ-
[第6話]
2022/05/09
【基盤的気候モデル開発応用グループ】特任准研究副主任(AGJ22-006)公募について
2022/05/09
【地球システムモデル開発応用グループ】特任准研究主任(AGJ22-005)公募について
2022/03/16
【コラム】気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第55回総会に参加して
2022/01/31
【基盤的気候モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級4)(AKR21-029)公募について
【地球システムモデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級4)(AKR21-028)公募について
2022/01/28
統合的気候モデル高度化研究プログラム 令和3年度研究成果報告会(開催日:2/3)
2022/01/21
【雲解像モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級4)(AGR21-025)公募について
2021/10/13
“マッデン・ジュリアン振動” の「引き金」を特定
―世界の天候に影響する巨大雲群発生の鍵は赤道上空の大気波動―
2020/08/10
統合的気候モデル高度化研究プログラム 公開シンポジウム(要登録)
「気候は今 どうなっている? どうなっていく? ~IPCC最新報告書を読み解く~」
(開催日:8/31)
2021/08/04
【基盤的気候システムモデル開発応用グループ】ポストドクトラル研究員(AKP21-008)公募について
2021/06/14
斉藤和之主任研究員が2020年度日本雪氷学会 関東・中部・西日本支部 活動賞を受賞
2021/05/07
コロナ禍によるCO2等排出量の減少が地球温暖化に与える影響は限定的
2021/04/30
【地球システムモデル開発応用グループ】特任研究員(AGS21-006)公募について
2020/11/30
【雲解像モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級3)(AGR20-023)公募について
2020/11/12
「AIを用いた大気重力波のパラメータ推定」に関する論文がアメリカ地球物理学連合(AGU)のResearch Spotlightに選ばれました
2020/10/29
【雲解像モデル開発応用グループ】ポストドクトラル研究員(AGP20-022)公募について
2020/09/28
統合的気候モデル高度化研究プログラム 令和2年度オンライン講演会(要登録)
「地球温暖化を予測する ~地球規模の変化から身近な影響まで~」
(開催日:10/16)
2020/09/17
【雲解像モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級2)(AGR20-017)公募について
2020/08/07
南極成層圏の大気の乱れが日本の南海上の台風発生域に影響することを証明
―2019年9月に南極上空で起こった成層圏突然昇温の遠隔影響とそれを利用した季節予測精度向上の可能性―
2020/06/25
【雲解像モデル開発応用グループ】特任研究員(AGS20-010)公募について
2020/04/17
【地球システムモデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級3)(AGR20-006)公募について
2020/02/07
【雲解像モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級3)(AKR-019)公募について
2019/12/18
特任研究員もしくは特任技術研究員(AGS-016)公募について
2019/11/05
【コラム】2018年はなぜ台風活動が活発だったのか?
~亜熱帯中部太平洋からカリフォルニア沖まで達する暖かい海面水温の役割
2019/09/27
斉藤和之主任研究員が2019年度日本雪氷学会学術賞を受賞
2019/09/13
地球温暖化によって熱帯域の積乱雲群は小規模化
~雲が温暖化をより進行させる可能性~
2019/08/30
臨時研究補助員(等級2)(AKR-009)公募について
2019/08/29
潮の満ち引きが瀬戸内海を通過する流れを抑制することを解明
~東西どちらに流れているかも決着か~
2019/08/09
【基盤的気候モデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級3)(AGR-002)公募について
【地球システムモデル開発応用グループ】臨時研究補助員(等級2)(AGR-006)公募について
2019/07/05
【地球システムモデル開発応用グループ】技術職公募について
2019/06/05
河谷芳雄主任研究員が第3回地球惑星科学振興西田賞を受賞
2019/05/22
気候変動のビッグデータ
〜結合モデル相互比較プロジェクト(CMIP)の最新データが公開されました〜
2019/05/10
河宮センター長が、IPCCのタスクグループメンバーに選出
2019/03/01
統合的気候モデル高度化研究プログラム
平成30年度研究成果報告会(要登録)
公開シンポジウム「地球温暖化なんて他人事だと思っていませんか?」(要登録)
(開催日:3/15)
2018/10/26
ポストドクトラル研究員公募について
2018/08/07
【コラム】なぜ台風12号はかつてないルートで日本を襲ったのか?~熱帯起源の渦(台風)と高緯度起源の渦(寒冷渦)との相互作用~
2018/06/18
研究員もしくは技術研究員公募について
2018/06/05
「排出インベントリ」で、見過ごされてきた大気汚染物質の大気加熱効果を推定
~温暖化緩和策と大気質改善策への新たな提言~