更新日:2022/05/30

研究組織・メンバー


組織図

組織図

総括班評価者

氏 名 所 属・役 職
早坂 忠裕 東北大学大学院理学研究科 教授
新野 宏 東京大学大気海洋研究所 名誉教授
花輪 公雄 東北大学大学院理学研究科 名誉教授 (令和元年度-二年度)
久保田 雅久 東海大学 名誉教授 (令和三年度-)

計画研究一覧

研究区分 研究課題名 代表者 所属・役職
総括班 中緯度大気海洋研究の推進と統括 野中正見 国立研究開発法人海洋研究開発機構 アプリケーションラボ・グループリーダー
A01
研究計画 1
台風・爆弾低気圧の予測可能性とスケール間大気海洋相互作用 川村隆一 九州大学 大学院理学研究院・教授
A01
研究計画 2
急速に温暖化する日本周辺海域での大気海洋相互作用と極端気象 飯塚聡 国立研究開発法人防災科学技術研究所 水・土砂防災研究部門・総括主任研究員
A02
研究計画 3
東アジア縁辺海と大気の連鎖的双方向作用とモンスーン変調 立花義裕 三重大学 生物資源学研究科・教授
A02
研究計画 4
雲・エアロゾルを介した中緯度大気海洋相互作用 小池真 東京大学 大学院理学系研究科・准教授
A02
研究計画 5
ハイブリッド海洋観測:黒潮続流域の循環変動とその大気・生物地球化学への影響 岡英太郎 東京大学 大気海洋研究所・准教授
A02
研究計画 6
黒潮・親潮等海洋前線帯の大気海洋結合系における役割とその経年変動の予測可能性 野中正見 国立研究開発法人海洋研究開発機構 アプリケーションラボ・グループリーダー
A02
研究計画 7
大気循環変動とその予測可能性に関わる中緯度大気海洋相互作用 中村尚 東京大学 先端科学技術研究センター・教授
A03
研究計画 8
中緯度域の気候変動のメカニズム解明と予測可能性 望月崇 九州大学 大学院理学研究院・准教授
A03
研究計画 9
中緯度域の気候変動と将来予測の不確実性 見延庄士郎 北海道大学 大学院理学研究院・教授

第2期公募研究一覧

研究区分 研究課題名 代表者 所属・役職
A01
公募研究 1
東シナ海の大気海洋変動に伴う集中豪雨発生のメカニズム解明 山田広幸 琉球大学・理学部・教授
A01
公募研究 2
日本周辺の急速な海面水温・気温上昇が温帯低気圧に伴う顕著現象へ与える影響の評価 平田英隆 立正大学・データサイエンス学部・講師
A01
公募研究 3
温暖化する中緯度大気海洋場における台風温帯低気圧化の力学過程の解明 辻野智紀 気象庁気象研究所・研究員
A02
公募研究 4
塩分が関与する中緯度大気海洋相互作用と海洋熱波 安田一郎 東京大学・大気海洋研究所・教授
A02
公募研究 5
夏季西部北太平洋における固体エアロゾルと氷晶核の航空機観測 大畑 祥 名古屋大学・助教
A02
公募研究 6
東シナ海の黒潮の経年変動とその水温場への影響:梅雨に対する役割 中村啓彦 鹿児島大学・水産学部・教授
A02
公募研究 7
対流圏ジェットの季節予測可能性に対する対流圏成層圏結合と中緯度海洋前線帯の役割 直江寛明 気象庁気象研究所
A03
公募研究 8
黒潮とメキシコ湾流の同期現象が中緯度大気海洋に果たす役割の解明 神山 翼 お茶の水女子大学・助教

第1期公募研究一覧

研究区分 研究課題名 代表者 所属・役職
A01
公募研究 1
高解像度大気海洋結合領域モデルによる中緯度台風の気候変動応答メカニズム解明 金田幸恵 名古屋大学・助教
A01
公募研究 2
CYGNSS衛星を用いた台風・爆弾低気圧の高頻度観測 市川香 九州大学・応用力学研究所・准教授
A01
公募研究 3
黒潮大蛇行に対する爆弾低気圧の応答に関わるプロセスの解明 平田英隆 立正大学・地球環境科学部・助教
A01
公募研究 4
中緯度の海面水温変動が台風活動の季節内の変動に及ぼす影響の明確化 那須野智江 国立研究開発法人海洋研究開発機構・グループリーダー
A02
公募研究 5
特定温位面以下の寒気質量を通して見る黒潮・黒潮続流上の大気海洋相互作用 菅野湧貴 電力中央研究所・主任研究員
A02
公募研究 6
黒潮の経年・10年規模変動とその水温場への影響 ―東シナ海中心の全流路解析― 中村啓彦 鹿児島大学・水産学部・教授
A02
公募研究 7
対流圏成層圏結合が対流圏ジェット変動に及ぼす影響と中緯度海洋前線帯の役割 直江寛明 気象庁気象研究所
A02
公募研究 8
放射性セシウムをトレーサとした北太平洋亜熱帯モード水の子午面2次元循環の定量化 熊本雄一郎 海洋研究開発機構・主任研究員
A03
公募研究 9
高解像度データを用いた100年スケールの台風温低化と中緯度大気海洋変動の解析 中野満寿男 海洋研究開発機構・研究員

総括班活動・横断研究ワーキンググループ(WG)

     
総括班活動・WG名 目的 世話人(所属)
若手研究者連絡会 セミナー、勉強会を通して、若手研究者同志の交流、情報交換を行う。 釜江陽一(筑波大学),遠山勝也(気象研究所)
顕著現象ワーキンググループ 日本付近で発生した顕著現象の診断及びメカニズムや予測可能性に関する研究について情報交換を行う。 本田明治(新潟大学),万田敦昌(三重大学),吉田聡(京都大学),榎本剛(京都大学)
黒潮大蛇行に関するサブワーキンググループ 黒潮大蛇行に関して、メーリングリストでの情報交換やセミナーを開催。 平田英隆(立正大学),西川はつみ(東京大学)
JPCZ/日本海サブワーキンググループ JPCZ等日本海域の研究に関して、メーリングリストでの情報交換やセミナーを開催。 春日 悟(三重大学), 山崎 哲(海洋研究開発機構), 木田 新一郎(九州大学), 川瀬 宏明(気象研究所)