研究プラットフォーム運用開発部門
Institute for Marine-Earth Exploration and Engineering (MarE3)

海洋地球研究船「みらい」

極域を航行できる耐氷性を備え、世界中を広範囲で長期航海できる船

前身は日本初の原子力船「むつ」であり、船体を切断、原子炉を撤去し船体後部を新たに建造した後、「みらい」と命名されました。優れた耐氷性能を持つことで極域での操業も可能な上、ハイブリッド式減揺装置により荒天でも高い航行性を有し、広域かつ長期間の観測・研究が可能となっています。北極海や太平洋、インド洋、亜熱帯・亜寒帯海域など世界各地で海洋の熱循環・物質循環、海洋の生態系、地球の環境変動などの海洋調査を行っています。

地球深部探査船 「みらい」の画像

主要設備

気象関係(気象観測室、ドップラーレーダー室等)、海洋関係(表層海水分析、生物・化学分析室等)及び堆積物・地球物理関係(ドライ/セミドライ/ウェットラボ、X線室等)の研究設備が備わっています。また、最大14基のトライトンブイを保管することができる部屋、薬品保管庫、ロープ庫、研究機器用倉庫兼観測機器倉庫もあります。

地球深部探査船 「みらい」の主要設備画像

1大型ブイでの観測

Aフレームクレーンの説明画像

エルニーニョや大気・海洋相互作用を観測するための大型観測ブイで、海面の熱収支、水温、塩分などの変動を観測しています。

2ドップラーレーダー

研研操舵室&コンソールの説明画像

大気中の水粒子の反射強さを測定することで雨や雪の強さを広範囲で測定することができます。またドップラー効果を利用することで雨や雪が降っている場所の風速を推定することができます。

3研究室

各種音響機器送受波器画像

上甲板はドライラボ、セミドライラボ、ウェットラボ1&2といった堆積物・地球物理関係の部屋が主に備わっています。
第二甲板は主に海洋関係の生物・化学分析室、クリーンルーム、オートサル室が備わっています。 第三甲板は、堆積物試料保管室、低温実験室、X線室が備わっています。

研究船の概要に戻る