独立行政法人海洋研究開発機構(以下、「機構」という。)では、所有する研究船及び深海調査機器を利用した研究船利用公募を実施しており、国内の大学、研究機関等から多くの研究者が参加し、これまで多大な成果を挙げてきました。本公募では、研究船の利用後に成果報告の義務があり、その研究成果の発表の機会として毎年「Blue Earth」シンポジウムを開催しております。また、このシンポジウムは日本の海洋地球研究を広く一般の方に紹介し理解して戴くことも目的としております。

「Blue Earth」シンポジウムは昨年度より、深海底、海底下地殻構造や深海生物等を対象とした深海調査研究の発表を行う「しんかいシンポジウム」と、海洋地球研究船「みらい」を用いた観測研究の発表を行う「みらいシンポジウム」を統合し、「Blue Earth'09」として開催し、平成21年3月12、13日の2日間で口頭発表57件、ポスター発表132件の発表があり、多数の方々に参加して頂きました。

今年度は「Blue Earth'10」として、下記のとおり開催致します。

 開催日時: 平成22年3月2日(火) 9:30〜18:00
  平成22年3月3日(水) 9:30〜18:10
 会場: 東京海洋大学 品川キャンパス[交通アクセス][キャンパスマップ
 参加費: 無料(申込不要)