開催報告

2014年2月19日(水)~20日(木)、JAMSTECが運航する研究船及び深海調査システム等を活用して得られた研究成果発表会「ブルーアース2014」が東京海洋大学品川キャンパスにて開催されました。口頭発表56件(昨年度68件)、ポスター発表82件(昨年度98件)の発表があり、来場者数は昨年度とほぼ同数の833名(昨年度 838名)でした。

今回は多くの時間を取って「よこすか」、「しんかい6500」による15年ぶりの世界周航研究航海「QUELLE(クヴェレ)2013」の報告セッションを実施しましたが、大陸の痕跡と思われる花崗岩の発見や、水深5000mからの有人潜水調査船による世界初のインターネット中継を行うなど、一般の方々にも関心を持っていただけるような多くのトピックスを提供したことから注目度が高く、会場はほぼ満員の盛況となりました。

また、今回は一部セッションについてインターネット中継を実施し、当日来場いただけなかった方たちにもセッションをご聴講いただきました。
さらに、会場としてお借りした東京海洋大学客員准教授であるさかなクンにもご来場頂き、非常に活気のあるシンポジウムとなりました。

若手奨励賞受賞者